占いのお部屋アクアリースペイン坂店で、
占い師&セラピストをやっています。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
 
カテゴリー:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 何年後になるかわからないが。 | main | 痛みがあるなら問題ない。 >>
ステージの概念
22:37 
カテゴリー:セラピー
私のセラピーでは(占いツールを使う際にも、基本は「セラピー」という立場をとります。)

ステージの概念を取り入れたいと思っています。



iPhoneImage.png



このピラミッド型の、上の黒い部分が、顕在意識の部分です。

下の空白部分が、潜在意識の部分です。



クライアントさんの状態によって、

ステージ1からステージ6まで、アプローチできる、

アプローチするステージが変わる、

ということを、ご説明していきたいと思います。





ステージ1からステージ6まで、説明をしていきたいと思います。



【 ステージ1 】



感覚や感情が、完全に麻痺している状態。

「自分が何を考えているかわからない」

「悩み自体がわからない」

という方へのアプローチ。



え? と思いますか?

いえ、いらっしゃるんです。結構、いらっしゃいます。

電話占いをしていた際に、

「先生、わたしは、いったい何を考えているんでしょう」

と、尋ねられることがありました。

このような状態の方に、西洋占星術のアプローチは有効だと思います。



※ 私が占星術を使うとしたら、ステージ1の状態にほぼ限られるかと思います。





【 ステージ2 】



悩みがわかっていて、言語化できる状態。

でいて、現在、精神科の医者にかかっている状態。

お薬を服用している状態。

この状態においては、ひたすら、お話しを伺うということを

行わせて頂きたいと思います。

ご自身で痛みを感じられるということは、ステージ1よりは、

私は、前進をしている、健全な状態であると捉えます。



ただ、お薬によって精神状態をコントロールしている状態では、

潜在意識のフタを開けることについて

かなり慎重にいかなくてはなりません。

ひたすらお話しを聞く状態を、数回重ねて、

主治医の方とも相談していきながら、セラピーをすすめていくべきかと考えます。



【 ステージ3 】



悩みがわかっていて、言語化できる状態。

でいて、精神状態もある程度安定しており、

精神科等にはかかっておらず、お薬も服用していない状態。

潜在意識のフタを開けるかどうかは、流れに任せても大丈夫なような状態。

会話の中で、記憶をたどったり、普通の、会話ができる状態で、

行われるセラピーです。

変成意識には入れない状態でのセラピーです。





この、ステージ1から3につきましては、カフェ鑑定が可能です。

以下、ステージ4から6につきましては、カフェでも、できないこともないのですが、

できれば、個室、あるいは、戸外であっても人気のない場所、安心出来る場所、を、

利用するのが望ましいです。

ご自宅で、というのも良いかもしれませんし、

ご相談下さい。





ステージ4以降は、変成意識状態に入っていただきながらのセラピーになります。



今後、私が本格的にやっていきたい、

主軸として行きたいセラピーはステージ4以降になります。

次の記事にて、おしらせしていきたいと思います。





※2017年現在、
アクアリースペイン坂店にて
対面鑑定を
行っております。








*・+ ☆*.。.:*・° ☆.。.:*・°.☆*・+.。





ご自分の生まれ持った運命や資質を



もっと詳しく知りたい方は、



占いのお部屋アクアリー スペイン坂店までお気軽に是非、



いらしてくださいね!



お待ちしております。





*・+ ☆*.。.:*・° ☆.。.:*・°.☆*・+.。





AQUARY スペイン坂店 

営業時間 : 12:00〜24:00

TEL : 03-6416-0303

住所 : 〒150-0042

     東京都渋谷区宇田川町16-15

     椿ビル2F3F



(明日香は水曜日から日曜日まで在籍中です)





*・+ ☆*.。.:*・° ☆.。.:*・°.☆*・+.。









スポンサーサイト
22:37 
カテゴリー:-
COMMENT









Trackback URL
http://asukapoe.jugem.jp/trackback/4638
TRACKBACK
このブログ内の検索