占いのお部屋アクアリースペイン坂店で、
占い師&セラピストをやっています。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト
 
カテゴリー:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< レベル4と5 | main | レベルのはなし。 >>
怒りを、肯定して大丈夫だということ。
14:05 
カテゴリー:セラピー
今、おふたりの方から、怒りについての話がきていて、

これはもしかしたらタイムリーかなあと。

書き留めてみます。



怒りって、何か、悪いもののように捉えていると思うんです。

私なんか、まだ、そうかもしれません。



でも、怒る事って、正しい事であり、自然な感情の発露であり、

自分自身を守ることなんですよね。



怒った後に、罪悪感がきたとしたら、その罪悪感は、どこからきたのかな?って

探ってみて下さい。



たどると、小さな頃に、怒ってる人が嫌だったとか、

怒ったことで、周りからの反動が大変だったとか、

それで、怒りという感情をひっこめちゃったとか。



怒ったことで、愛されなくなっちゃったとか。



そんな不安とか恐怖とかが、もしかしたら、根っこにあるかもしれない。



でも、今、怒りがあるんだとしたら、

そのこと自体は、責めないで、まずは肯定する。



怒りたいときは、どんどん怒っていいんだ!と。



調和とか愛とかワンネスとか、くそくらえです!と。

いったん、脇においといていいんです。







また、

特に、突然、噴き出して来た強烈な怒りとか、

これまで我慢して来たけど、もう耐えられないよ!

という、継続する怒りについては、



もしかしたら、何かのシグナルかもなーって

考えてみてもいいのかもしれないです。





いったいいつから、不満をためていたのかな?



とか。





本当は、自分、どうしたいのかな?



とか。





何かに目を向けさせるための、感情の発露である可能性があります。



自分でもコントロールできない怒り。

それは、潜在意識からのメッセージかも?しれない。わけです。





まあ、そこまで深く考えても考えなくてもどちらでもいいのですけど、

おかしいな?ってレベルの怒りについては

そういう目線ももしかしたら、何か有益な流れに繋がるかもしれません。





まいっか。と思えるときは。それでいいし。









あと、本当に大事なことって、絶対にまた、やってくるんで。







逃げたいときは、逃げて大丈夫。







これ、斬新だけど、結構だいじなポイントです。







形をかえて、もっと簡単な形になって、

再試験、追試がやってきますから!



以前よりは簡単に乗り越えられると思います。





だから、



逃げたいときは、逃げましょう。



大丈夫なんで。



























スポンサーサイト
14:05 
カテゴリー:-
COMMENT









Trackback URL
http://asukapoe.jugem.jp/trackback/4646
TRACKBACK
このブログ内の検索