占いのお部屋アクアリースペイン坂店で、
占い師&セラピストをやっています。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
 
カテゴリー:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 誰の罪でもないし、責めたくはないからこそ、深くしまいこまれた傷。 | main | 2歳のインナーチャイルドと手をつなぐことにより得た、安心感と、自立心 >>
レベルの概念ができてから、1つ開けて来た
11:06 
カテゴリー:セラピー
私がやろうとしているセラピーにおいての、レベル1からレベル6の概念。



たとえば占い師をやっていて、お客さんの話を聞いているときに。

最初に、どうしようかなーと方針を立てる際、



いわゆる「トリアージ」的な判断。。。?

意味が違うけど。。。

(トリアージとは、患者の重症度に基づいて、

治療の優先度を決定して選別を 行うこと。

トリアージュとも言う。

語源は「選別」を意味するフランス語の「triage」である。)





その人が今どれくらいの状況かなというのを判断して、レベルを判断して、

対応をしていたよな、ということを思っていたのです。



それを、言語化せずに無意識にやっていたのですが、

言語化してクリアにしてみたのが、

レベルの概念です。





ここがクリアになることによって、

自分の頭のなかがだいぶすっきりして、前進する事ができたようにおもいます。



私自身がまだまだ、自分の中のインナーチャイルドワークに、

もっととことん取り組まないといけないんだけど、

それは、現実の仕事や社会と向き合いながら

今はまだ、雇われている仕事のなかで、

自分をひたすら訓練して、学んで、つかんで。



その先にきっと見えて来るものがある、そんな気がします。





スポンサーサイト
11:06 
カテゴリー:-
COMMENT









Trackback URL
http://asukapoe.jugem.jp/trackback/4658
TRACKBACK
このブログ内の検索